大雪山・山守隊 スタッフブログ

カテゴリ: ひと

最近はずいぶんと春めいてきて、町中の道路の雪はすっかりなくなりましたね
当麻町の上空には、はやくも渡り鳥たちの姿が
(たくさんの群れで訪れるのはまだ先でしょう)

お久しぶりの投稿となってしまいました、スタッフのすがわらです。

先日のことではございますが、昨年お世話になった北海道警察の村上さんへご挨拶しに
旭岳を訪れていました。4月から他の地域に異動されることになったそうです。
DSC_2213
遭難対策で、土曜・日曜はロープウェイに常駐されており、
定期的にスキーコース周辺のパトロール、雪質や危険個所のチェック、
遭難者が出た際は捜索隊の指揮を執るなど、山の安全管理にご尽力されています。
お会いしたときも「今日は雪質がすごくいいけど、急斜面は雪崩れる可能性があるから気を付けてね」と…滑る前にこういう情報もらえるととてもありがたいです。
山守隊も夏だけでなく冬場の情報発信・安全管理等も携わっていければと思います。

長い間、大雪山の安全管理に携わってきた村上さんが
いなくなられるのはとても残念ですが、
新任地でも、多くの登山者の安全を守っていただきたいです。



この日の旭岳はご覧の晴天で
DSC_2195
日曜日ということもあり、スキーヤー・スノーボーダーでごった返していました。
RIMG0328
山麓駅は2階から1階まで行列
久しぶりの旭岳だったので、私たちも何本か滑ってきました。

旭岳にはA.B.C.Dの4コースが、姿見駅から山麓駅に伸びています。
どのコースも起伏に富んでおり、普通滑るだけでも面白い
(上り坂もあるので、スノーボーダーにはちょっとつらいところも…)
コース外の滑走もできますが、完全自己責任
RIMG0333
たくさんのスキーヤー・スノーボーダーが縦横無尽に滑走していました。
DSC_2197
RIMG0336
夏場じゃロープウェイの下なんかこれませんね

本当は旭岳のスキーコース内の写真をもっと載せたかったんですが、
寒さのせいかカメラバッテリーが一瞬でつきまして…勘弁してください…

旭岳はスキー場ではないので、なにかあったら自己責任というスタイルらしいです。
みなさんももし旭岳に来ることがあったら、十分気を付けてくださいね。



すがわら


-20度を超えたと思ったら、今度は雪と風の吹き荒れる北海道
今日外へ出ている方お気をつけください~。しもじょうです。

昨日旭岳ビジターセンターへ行くと、
偶然にも道職員のお三方がいらっしゃいました。
いつも山のことでお世話になっている、上川総合振興局の方々です。

~夏のひとこま~
縺励c縺励s-1

このお三方、
ここで何をしていたのかというと…
DSC02954
DSC02962
DSC02969
DSC02965
「ビジターセンターの屋根の雪下ろし」でした!

途中、「向かいのトイレの雪下ろしに行く」と行って向かったふたり…
DSC02978
どこから登るのかと思ったら…
InkedDSC02980_LI
登った!!!身軽です。
DSC02983
どこまでが屋根でしょう・・・
DSC02987
通りかかるスキーヤーたちに時々写真を撮られておりました
DSC02989
陽が暮れてきたところで作業終了、
下に溜まったのはこの日下ろした雪!
IMG_5702
道職員、こんなこともしていたのですね!知らなんだ…
偶然にも良い瞬間に立ち会えました。
お疲れ様でした~!
IMG_5710

おまけ★手伝うがっちゃん
DSC02966
しもじょう

お久しぶりです!しもじょうです。
北海道は一気に雪が降って冬らしくなってきました。
寒いの嫌だとかなんだかんだ言いながら、
雪が降っただけでわくわくして幸せな気分になるのはなんでしょう~
我らが菅原くんも今年初めてのウィンタースポーツを前にうきうきしています。

今日はお久しぶりに、法人会員さんのご紹介です。

9月のたまには山へ恩返しin旭岳~裾合平~に来てくださったこの方、
山で会ったことがある!という方も多いかもしれません。
旭川南病院の理事長さんです。
P9013508
病院の理事長さんでありながら、
毎週週末には旭岳に通っているというツワモノで、
春夏秋冬どの季節も山に通うので、
年間を通すと、山に入っている回数は山守隊スタッフよりも多いかもしれません。
お話すると、子供のころから大雪山に登って育ち、
山のことをとてもよく考えているのが伝わってきます。

山守隊のパンフレットを手に取ったことから応援してくれて、
何かできることがあったら、荷上げでもなんでもするから!
体力ならあるから!と、
こんな理事長さんいるんだとびっくりしている私です。

IMG_5616c

先日、病院を訪れてみました。
ぴしっとしていて山で見るのとはまた違った顔の深江さん。
どうぞよろしくお願いします!

しもじょう


しもじょうです。ここのところは連日山尽くし。
そんな中、ちょっと前に、
菅原くんと白雲岳避難小屋へ泊まりに行ってきました。
出発はここ、高原温泉。
ヒグマ情報センターのあるところ!
IMG_4230
立ち寄ってみました。
IMG_4229
いたいた!!やなぴ~
受付してました。
3日に1回は受付にいるそうです。
癒されます。


癒された後は、高原沼もめぐりたいけれど、
この日は白雲岳避難小屋へ向かいます。
ここ連日の山歩き、荷上げの後の緑岳への登りは結構こたえました。
IMG_4231
疲れた二人・・・

そこへ現れたのが、
白雲小屋の管理人、古山君!
IMG_4233
髭が良い感じになってきている!
IMG_4243
山が好きで北海道へ移住してきて、
GSS(林野庁のグリーンサポートスタッフ)を経て、
今年から白雲小屋で管理人をしている、変わった好青年です。
なんだか菅原くんが嬉しそう。
IMG_4241
小屋で出たゴミを背負って、
さわやかに去って(下山して)いきました。
IMG_4250
そして到着、白雲岳避難小屋。
IMG_3019
小屋泊まり、いつ以来でしょうか!嬉しい~
菅原くんは初の小屋泊まりです。
IMG_3010
IMG_3011
IMG_3013
そこへなんと、この方登場!
おなじみ、「イトナンリルゥ」のぴーちゃん(高木さん)です。
偶然です。
IMG_4258
この日は小屋に、常連さんが集まっていたみたいで、
楽しそうな飲み会が繰り広げられていました。
「高木さんみたいな人がいっぱい集まっている」んだそうです。
いっぱいいるのか・・・!!

そんな常連さんを大切にする、管理人の金野さん。
だからここに人が集まるんだな~。と、なんとなく感じました。
IMG_3024

疲れた我ら二人は5時から早々と寝てしまいましたが、
途中起きて外に出た菅原くんは、素晴らしい満点の星空を見たそうです。
いいな・・・
わたしも少し起きた時(ガスガスだったが…)に、
ぴーちゃんと金野さんが外にいたので少しお話しました。
20年程も前から知り合いで、大雪山と関わってきた人たち。
そんな人たちの話を聞くのは楽しいです。

IMG_4260
翌日は、あいにくの天気の中下山。
調査のためドローンを飛ばしたかった菅原くんは、しばらく小屋で粘りましたが、
この日は断念。
「そんなに甘くないよ~」と金野さん。
長く小屋で過ごしている人の言葉に、そうだよな~、となんだかとても納得。

今度は何泊かして、のんびりしたり仕事したりしようぞ。

下山したら天気がよくなってきたので、沼巡りをしようと、またまた高原温泉へ。
IMG_4296
今度は上で働いているやなぴーに会いました。
熊もまだ出ているそう。
紅葉は、ぼちぼち進んでいるみたいです。
週末くらいにピークかな?と話していました。
IMG_4300
それにしても、行くところ行くところ
なんて面白いところでしょうか。
山もいいけど、人がいいなあ、と思った2日間でした。
しもじょう

今日は山守隊に協力してくれている法人会員さんをご紹介。

「ゆっくり、わかりやすく、楽しく、心地よく」を
モットーにしている大雪山のガイドさんチーム

「大雪山倶楽部」さんです。
http://www.daisetsuzan-club.jp/

代表はこの人、愛澤美知雄さんです。

P9020409
アララ、違った・・。

DSC00775

こっちの写真のほうが良かった。
ダンディな感じです。
登山道の整備イベントにはチームとしてよく参加してくれます。

実は真っ先に法人登録をしていただいていたのですが、
こちらの手違いで公表が後々になってしまいました。
申し訳ありません。

10名ほどのスタッフ方々と夏も冬も大雪山のガイドをしています。

DSC00852

A4 (18)o

大雪山倶楽部のメンバーの浦さん。
チームとして、個人として、山岳保護に協力いただいています。

大雪山のシーズンはとても短くて、ガイドさんは常に忙しい状態です。
本当は暇はないのだと思いますが
時間を作って作業を手伝ってくれています。
山守隊のイベントでもガイドさんの参加はとても少ないんです。

実際に「保護に関わっている」人の心情や視点は
ただ歩いて見ている人のそれとは大きく違います。
きっとガイドをするときにも山を憂う心情、保護の視点があるのではないでしょうか。

DSC00816

いつか一緒に歩いてみたい方々です。

昨年に引き続き
9月1日のイベントにも参加してくれます。
よろしくお願いします。


このページのトップヘ