大雪山・山守隊 スタッフブログ

カテゴリ: たまには山へ恩返し

9月17日、今期もトムラウシ南沼キャンプ場の植生復元作業を行ないました。

1

トムラウシ南沼のキャンプ場には携帯トイレブースはありますが
すべての人が利用しているわけではなく、植物帯へと分け入って
用を足す方が多くいます。
そういう方々はだいたい同じような場所を探して歩くので
植物帯が踏まれ、裸地化し登山道のような道になってしまっています。
関係者はこの道を「トイレ道」と呼んでいます。
(許可を得てドローンでの撮影)

DJI_0001_Moment

このトイレ道を放っておくと裸地化部に水が流れるようになり
登山者が踏まなくても流水により土壌が崩れるようになります。
現状はまだ何とか植生復元できる可能性があるので
昨年から試行的に復元作業が始まりました。

2

資材はヤシネット。
裾合平でも原始が原でも使い方によって成果の出ている資材です。

3

道中には、たまには山へ恩返しイベントで作った木道も。
今期のぬかるみはかなり少なくなりました。

4

登りはじめは今にも雨が降りそうな天候でしたが
登るにつれ晴れ間も出てきた。
でも風が強い!!

5

ほぼトムラウシ往復に近い場所で日帰り作業のため、
参加者を多く募ることができず、超人限定で声掛けをしていましたが、
山守隊のみでの作業と思っていました。
ですが、当日登りに来てくれた人や
現場にはこの作業を手伝うために前日から待ってくれている方がおりました。
超人がいたんです。

6

キャンプ場から続くこの道を復元。
まずは侵食原因と施工方法を共有してもらうため
現場観察から始めます。

7

一般の超人2名。元気です!!
来てくれてありがとう!!

8

環境省上士幌の方々も前泊で現場にいてくれました。

ヤシネットはいろいろな使い方で。
場所によってただ丸めたり・・

9

土を入れて丸めたり。

10

11

かなりの重さがあるので、流水が多くなければただ置くだけで動きません。

12

少々作業すると役割分担ができあがりスムーズな作業になりました。

13

ひたすら丸めて・・

14

15

このように設置。
ここは流水が周辺植物の種を流してくる場所。
種が引っかかる状態を作ればそこで発芽する可能性に賭けました。

16

原始が原ではべた張りの場所よりもヤシロールに引っかかった種が
多く発芽していました。ここでも期待します。

17

番線を切る人。

18

凍結融解現象(霜柱)での崩れが見える場所には
部分的にべた張り設置もしています。
ですが基本的に植物には日光がとても大事だと思っているので
発芽を目的にしている場所ではべた張りはしたくありません。

19

昨年の施工後を観察し、どういう場所では何が効果が高いのかを検証し
場所を見て、細かく判断しています。

20

とは言え、トイレブースが1基しかないことが
トイレ道が付いている要因でもあります。
トイレブースの増設と登山者への普及にも力を入れなければならないですね。
最近はお一人様テント泊も多く
トイレも自分のテントの中で携帯トイレを使って済ませる
プロフェッショナルも出始めました。
山へ入ったら自分で考えて、自然に負荷をかけない方法を
模索していきたいものですね。

21

トムラウシの登山者は年間数千人。
本州の山のように大規模なトイレが必要なわけではありません。
どんなに啓蒙しても植物帯を踏んで歩く人はいますが、
多くの人が今よりも携帯トイレを使い、大多数の人が植物帯を踏まなくなれば
少しのきっかけを作るだけで自然は復元する可能性があります。

南沼はまだまだ復元の可能性があります。
今後も啓蒙と復元のきっかけ作りを続けていきたいと思います。

先日行われた「たまには山へ恩返し㏌黒岳」の様子です。

このイベントは山守隊だけでは到底できません。
いろいろな人が協力してくれて成り立っています。
下見や当日も班長や指導役として活躍してくれました。

IMG_2056
IMG_2325

班長の野戸さん。
森林管理署のGSS(グリーンサポートスタッフ)として黒岳方面で働いています。
下見の時には70~80㎏の土嚢を担いで平気な顔してました。
なかなかの男です。

IMG_2324
RIMG6465

上川総合振興局の福井さん
本イベントの主催者の一人です。
下見時にはかなりの量のヤシネットを担いでくれました。
「体重の半分以上あった・・・」とのこと。
整備は現場よりも調整が難しい。調整をこなしてくれています。

IMG_2146

ご存知、やなぴー。
高原温泉ヒグマ情報センター勤務。
体力もあるけど、耐久力が凄い。
どんな過酷な状況でも平気な顔してます。頼りになる男。

IMG_2213

班長として山守隊の菅原君。
懇親会では焼き鳥屋をプロデュースしてます。
これからが楽しみです。

0001

班長さんにはあらかじめ施工図面を渡していましたが、
現場ではなによりも臨機応変が必要。
皆さん、お見事でした。



IMG_2243

環境省上川事務所の桝さん。
当日は植物レスキュー班の指導役。
行政として整備を行なうための調整役でもあります。

IMG_2089

環境省上川事務所の大久保さん。植物レスキューをサポート。
実は体力が凄い。この人が疲れているのを見たことないです。

P8183187

環境省上川事務所の岩城さん。
当日は荷上げのサポート役をお願いしました。心強いです。

IMG_2479
IMG_2251

上川総合振興局の神谷さん。
当日は荷上げをしっかりサポート。
地元期待の星。いいヤツです。

DSCF9793

上川町役場の三浦さん。
ぶっつけ本番で土嚢作りをお願いしましたが、230袋を無事に作成。
本イベントの資材購入もサポートしてくれました。

DSCF9679

講師として三木昇さん(左)と山守隊のサポート山口さん(右)
ありがとうございました。

P8183264
IMG_9261

記録係として下條さんと高木さん。
どちらも懇親会での食材作りの裏方もしてくれました。

7 (1)
懇親会の会場でもある層雲峡ホステルの志水さん(横)小野さん(左)
至れり尽くせりのサポート体制を作ってくれました。
小野さんは作業にも参加。
どうもありがとう。

IMG_9301

現場ではいい大人でありますが、懇親会時はいろいろあります。
夜更けになり「静かに話せ」と言われているのに
高木ピーちゃんはぴーぴー騒ぐ。
やなぴーはディープな世界を語りだす。
山守隊の佐久間さんはそもそも声が大きい。
どう―したもんだか・・。

そんな感じの人がたくさん集まって楽しい世界が出来ているんですね。

イベントでの施工前後です。

RIMG6488

RIMG6508
山守隊の岡崎が想定した施工です。
皆さんしっかりと想定通りに施工してくれました。

RIMG6486
RIMG6505

考えられるだけを想定してみましたが、自然はその上をいくことが多い。
どうなっていくかは自然次第です。
間違っていれば崩れが生じるはず。
その時はしっかりと反省し、対処していきたいと思っています。
何か変化ありましたら、ぜひ教えてください。



9月1日の「たまには山へ恩返しin旭岳」について、
詳細が決まりました。
今年も昨年に続き、裾合平での作業です。

旭岳9.1イベント広報pdf.compressed-1
旭岳9.1イベント広報pdf.compressed-2

ぼろぼろになった木道箇所が、少しでも歩きやすくなるように、
そして、広がり続ける木道脇の植物帯の崩れを少しでも止められるように。

2012年から続いてきた、
参加者の皆さんと積み重ねてきたイベントです。

作業の後は、キトウシの森林体験研修センターにて座学と懇親会。
懇親会の会場で今回も宿泊できます。
偶然ですが、その日の晩にはキトウシで花火大会もあるそうです。
作業して、勉強して、飲んで食べて、花火見て・・。
楽しそうです。

大きい写真はこちら
https://www.yamamoritai.com/ホーム/イベントのご案内/旭岳詳細/

申込み締め切りは8月27日です。
ご連絡お待ちしています!
しもじょう

今期イベント第2弾は、
8月18日(土)に予定している、たまには山へ恩返しin黒岳!

場所は、黒岳石室の近く、雲の平。
ただいま参加者大募集中です!

7ac58cf776a5440ace7e2f1ce4097da1-0
7ac58cf776a5440ace7e2f1ce4097da1-1

数年前の豪雨で大きく崩れてしまったこの場所。
昨年は、ここで、これ以上の崩れを防ぐために、
総勢60名の方々と一緒に、法面の保護をする作業を行いました。
今年はその続き。
流れてくる土壌を止め、
水の流れを弱める施工を行いたいと考えています。

どうかまた、皆さんの力を貸してください。

https://www.yamamoritai.com/ホーム/イベントのご案内/黒岳詳細/

埋まってしまった植物を救出したり、
土を集めたり、土嚢を作ったり…。
体力も技術も、年齢も男女も関係なく、
出来ることがたくさんあります。
たくさんの方の力が必要です。

お問合せ、ご予約は、

一般社団法人大雪山・山守隊 
0166-56-9160 もしくは、yamamoritai@gmail.com

まで。

作業後は、
今年新しくオープンした「層雲峡ホステル」での懇親会も予定しています。
そのまま宿泊も可能です!
動いた後は、食べて飲んで楽しみましょう^^

まだまだ、参加者募集中です。
ご連絡、お待ちしています!
しもじょう

このページのトップヘ