おかざきです。  
 先日(6月2日)、原始が原・滝コースの橋の様子をスタッフ皆で視察してきました。
滝コースは5つの滝が間近に見える迫力あるコースですが
ここ数年の豪雨により橋がズレたり、流されたりして通行止めになっています。
富良野市の方や富良野山岳会の方々と相談し、
橋が架けられるのか、どういう方法があるのか、何が必要か などを調ベてきました。

1

2

滝コース最初の橋は流されています。
ヤバい・・思っていたより水が多い。最初から渡渉できない・・。どうしようかな。

3

それでも何とか渡渉し、距離を測り、資材の確認です。

4
飛び石歩きや渡渉はけっこう好きです。

5

まだ雪渓残る道。これのほうが怖かった。

6

7

サンショウウオかな。

8

いつもの梯子は変わらずに。

9

ここにも橋が必要ですね。

10

いつもより水量が多いので滝も迫力がありました。

11
これは普通は渡れない。ツルツル一本橋。

12

でも渡るのさ。本気になる瞬間。
橋の位置をずらし、土台を高くし、木の表面処理をし、ワイヤーを張り直す。
やることたくさんの橋。

13
日中の気温が高く、雪解水がどんどん増える。
気が付くとかかなりの水量だ。
最後の渡渉はできず、ササ壁をよじ登って登山道へ。

14

いつもの原始が原へ。ホッとしてます。

15

道など無いような原始の場所。
表示板も砕けて何が何だか・・。
だけど大雪山にこういう自由な場所があることがうれしい。

16

17

最後にもけっこうな渡渉。
渡渉はある程度までは根性でイケます。
ビビると「浮足立って」「腰が浮いて」足が滑ります。
グラつく石を踏み割るつもりで足を置くと「地に足がついて」滑りません。

18

雪解けのこの時期や雨が降った時などは、やはり危険なコースです。
絶景はたくさんありますが、登山の技術と心構えが必要ですね。
(大雪山グレードは最高のレベル5)
橋を直すためにやるべきことはたくさんありますが、やりたいですね。

久々のワクワクドキドキのスリルある視察でした。
菅原君は今季初の視察。平気でついてきた。やるね。