大雪山・山守隊 スタッフブログ

カテゴリ: 講演会

大雪山・山守隊の岡崎です。
2月23日、東京神保町にて行われた日本山岳遺産サミットにおいて
日本山岳遺産認定式に参加し、大雪山黒岳の認定を受け、
大雪山・山守隊の活動報告を行ないました。

RIMG0264

日本山岳遺産基金は、ヤマケイで知られる株式会社山と溪谷社と、
株式会社インプレスホールディングスを正会員として様々な賛助会員からなり、
日本の山々がもつ豊かな自然・文化を次世代に継承していくために設立された基金です。
これまでに30ほどの地域と団体を認定し、助成を行なっております。
今期は12団体からの申請があり、4団体の認定。
北海道からは黒岳(山守隊の登山道保全活動)と
トムラウシ(新得山岳会のトイレ問題対策)が選ばれました。

RIMG0266 - コピー
7分間しか話せず(実際は9分話す)、
ほんの少しだけしか紹介できませんでしたが・・
RIMG0267
イベントに参加してくれる方々の熱意を話したつもりです。

認定式には新得山岳会の小西さんや振興局の牛嶋さん、愛甲先生も。
RIMG0192

北海道以外には飯豊朝日の植生復元の取り組みも。
井上さんをはじめとするこの地域の取り組みは大雪山でも大いに参考にしております。
RIMG0198
ヤシ土嚢からの植生の復元を見ても、歴史と試行錯誤が見てとれます。
RIMG0213

もう一つの認定地が栃木県の岩山(起動パトロール隊)。
次世代とはこういう人たちのことだなあ、と思いました。
いろいろびっくりがあり過ぎて一言では言えませんが、
いつか大雪山にも来て話をしてもらいたいと思っています。
RIMG0201
RIMG0225


特別講演には北大の工藤先生が大雪山の環境変化についてお話してくれました。
RIMG0229
まあ面白い、大いに参考になる、知りたいことがたくさんある。
いろいろなアイデアが頭を駆け巡りました。
また是非聞きたいお話の数々でした。
RIMG0230
その後の懇親会ではたくさんの団体の方々とお話が出来ました。
普段各地の課題ある地域に行って講演するときなどは
地域の方々は「問題があってどうしようもないんだ」という雰囲気が多いのですが、
ここに集まっていた様々な取り組みをしている方々のそれはとてもパワフルで、
どの地域も、「問題があるならば解決しよう」という前向きな力強さがありました。

人の思いの力、人とのつながりの大切さを
改めて感じ取ることができた機会となりました。


今回認定された黒岳での活動は2年間続いていますが、
地元上川町をはじめ振興局、環境省、林野庁などの行政の協力や
りんゆう観光さんや秀岳荘さんなど地元企業の応援は心強いものでした。
北大の愛甲先生やコンサルの方々の意見も常に聞き、
民・官・学が協働で活動したものだと思います。
何よりも多くの登山者の方々の参加が、
官・学・企業を動かしてくれる原動力になっていると思います。

これからも登山者や地元の方々の大雪山への思いが、
しっかりとした保全活動につながるような取り組みを行なっていきたいと思います。


 お久しぶりです、スタッフの菅原です

昨日は「大雪山国立公園フォーラム」に参加してきました

DSC_1972

初めて来たぜ、アークス大雪アリーナ


フォーラムのテーマは「新たな管理運営体制で世界に誇れる山岳国立公園を目指す」というものでした
 
登山者目線の内容というよりは、管理に携わる人向けのものでした
(一般の方が聞いてても面白かったと思います)

DSC_1974



よく知らない人もいると思うので
テーマに「新たな管理運営体制」とありますが

これから大雪山国立公園の管理体制が変わるんです 


今の管理体制は「大雪山連絡協議会」(通称:大連協)が管理計画を立てて

その下で情報交換会や各部会があり定期的に動いてるという感じでした。


今での体制何が悪かったの?というと大連協を構成するメンバーは、環境省・北海道・市町という行政だけで、

現場で動いている民間団体は入っていなかったんです。
つまり現場はどれだけ声あげても、管理計画や問題解決のために反映されずらかった。


新たな体制「協働型管理運営体制」は、大連協のメンバーに民間団体も取り入れ、一緒に管理計画や現場の問題解決していくというもの。

管理者・民間団体関係なく、皆同じ席について話し合いができることができます。めでたいのです!!!

すがわら君の説明じゃわからんぜよ、という方は大連協HPへ 


フォーラムの話に戻りますが
今回は「協働型管理運営体制」を先進的に行なっている
妙高戸隠連山国立公園と尾瀬国立公園の方がいらっしゃり、事例発表をされていました。

DSC_1976

様々な取り組みをされているみたいで、ライチョウの保全活動や木道の維持管理、
まちの景観を考える勉強会などをされているそうです
「これは大雪山のあそこの問題解決に使えそうだな」
「今後エコツーリズムに取り組むなら、ここがキーポインとか」
と聴きながらアイディアが出てくる。実践してみたい。
 

両国立公園とも大切にされている点は「ビジョン」がはっきりしていること。
特に、皆さん(利用される方・ボランティア・地域の方)を見てるという姿勢が見て取れます。


大雪山国立公園の「ビジョン」=どんな大雪山国立公園がいいか
これから考えていくわけですが、ここをきちんと考えられるかで今後が大きく変わると思います


山守隊は現場にいる民間団体です
だからこそ登山者や地域の人の声をたくさん聞ける立場にいます
たくさんの人たちの意見を取り入れ、それを管理運営に生かしていければと思います


まずは、ビジョン作りですね



おかざきです。
10月24日、25日
長野県戸隠高妻山と雨飾山で登山道整備技術講習を行なってきました。
昨年に引き続き2度目の講師役です。

大雪山の業務はあらかた終了しましたが、膨大な報告書作成があります。
ですが今シーズンは下條さん菅原君に押し付けてます。
いつもは年末までやっているけれど、気が付けばだいたい目途が付いている。
すごいね、自分は現場は強いけど報告書は苦手なんだ・・・。
心強いかぎりです。二人とも風邪ひいてますが・・・。

1


出発の日、台風にも吹雪にも強い旭川空港。
だけどまさかの5時間遅れ。機材トラブルはしょうがないけど・・。

2


予定していた下見ができず、ぶっつけ本番。
そして作業前に宴会が始まっている。着いたら皆さん出来上がっていました。
明日が本番なのに夜更けまで呑みまくり。オイオイ・・・

3

高妻山で・・・と言っても山頂までは行かず、登山口から15分程度が作業場所。

4


ちょうど樹林帯が見事な紅葉。

5

6


歩くだけで嬉しくなる風景です。

7


初日は行政関係者、地元有志20名と講習です。
地元を代表するガイドや作業者、ソウソウたるメンメンです。

8

9

ここは昨年の講習後に地元の方々だけで施工したという場所。
近自然工法は考え方を理解しなければなかなか進まないもんです。
まだまだ自然に近い工法ではないけれど、理解するための必ず通る通過点にあります。
この施工がどう変化するのかを見極めてください。
考え方が理解できると方法のバリエーションが格段に増えます。
期待しています。

10


今回の講習場所はここ。
斜面をトラバースする場所。
踏圧によってどんどん削られている場所。よくある事例です。

11


作業はいつものごとく。
できる人に出来ることをやってもらう。
かかり木も、できる人がいれば良い資材に変わる。人は大事です。

12

13


4mと5mの木材を切り出して持ってきて!
かなりハードなお願いをしますが、実力者が多いと簡単に集まります。

14

役割分担、大事です。

15

16


ほどなく完成。施工前後です。

17

18


木柵がある限り、崩れることはほぼありません。

19

20


21

22


木柵工ですが、杭は使いません。
当て木と石材、横木の法面貫入などで強度を確保します。

23

24


いつかこの場所も風景の一部になってくれると嬉しいです。
人も楽しく前向きな人が多かった。大雪山にも来てもらいたいな。

25


早々に終わらせた後は場所移動。
次の日の講習場所へ。
もう20名ほどが待機してくれていました。

26


凄い宿だった・・。武田信玄の時代に発見されて450年続くとか。
宿の当主も21代目。建物自体が文化財。

27

最初に屋内講習・・・と言いつつこちらがメインのよう。
いろいろな方からの差し入れでこれまたすごいことに・・。
まだ現地講習前なんだけどね・・・。

28
だんだん酔いが回ってくると、皆さん良くしゃべる。
「明日はどういう方法を使うのか、楽しみだ!!」
「あんなひどい崩れをどう直すのかね!!」
「別の道に付け替えなければならないと思うよ!」
この講習会を企画した主催者も
「岡崎さんが本当にあの場所をできるのか不安です・・」
オイオイ下見もせず、ぶっつけ本番でどれだけプレッシャーかけるんだよ・・。
呑みつつもかなり不安になってくる前夜でした。

29


講習前の飲み会は2時頃まで続いたそうです。
でも皆さんケロッとしている。

30


登山口には・・画期的!!携帯トイレ自販機。
パンの自販機を改良したそうです。かなりの売れ行きとか。
大雪山でもどうかね。

31


さんざんプレッシャーをかけられたけど、現場まで歩く道中で気力みなぎりました。
どんな場所も自然には変わりない。どこかにヒントがあるはずだ。
道中もヒントだらけ。何とかなるさ。
うれしい話も聞きました。
ここは豪雪地帯で杭を使った施工はほとんど通用しないとのこと。
「積雪グライド現象」と言われる雪の圧力でどんな杭施工も崩れるそうです。
ありがたい!こちらはそういうのが得意なんです。

33

現場はこんな感じでした。
踏圧と流水で大きく掘れたガリー。
梯子がかかるほど深い段差。かなりの斜度。広くなった道幅。
確かにとても大変そうに見えるけど・・・頭の中で3分で完成しました。できます。

32

二日目の講習は30名。
地元の名士、林業の方、行政関係者、お隣福井県からもたくさんの参加者。
作業解説中、ソウソウたるメンメンがドレドレと聞いている。キンチョウスルネ。

34


皆さんに納得してもらってから作業開始。

35


どんな場所にも必ずいてくれるチェンソーマスター。

36

37


今後の希望の方々。

38

39


さすが山男たち。
良い石担いでます。

40

現場はいつも楽しげな雰囲気。
知識や技術よりも本当は一番大切なことだと思います。
明るい雰囲気の中では「やってみよう!」いう気になります。
それを作っている人がいる。
そういう人は地元にとってとても大事な人だと思います。

41

こんな感じで完成。基礎木を使った段差処理です。
施工前・中・後

42

43

44


下り時もジグザグに下りられるので不安ありません。

47

Inked48_LI

豪雪地帯。来年はどうなっているでしょうか。

4546

講師役として行った講習会でしたが、こちらも大きな収穫がありました。
一昨年から大雪山で試行してきたことを
10年も前から試して結果を出していた方々がいました。
全く同じ考え方でほとんど同じ手法で。嬉しいかぎり。
どこかにはいるかもしれないと思っていたけれど、繋がりました。
今度詳しく紹介したいと思います。

山守隊のイベントについても紹介してきました。
来年はこちらに来てほしいし、
イベントを作ってもらってこちらからも行きたいですね。
そういう繋がりができるように努力したいと思います。

とても楽しい講習会でした。
皆さん、どうもありがとう!!

 
岡崎です。今日は3人で札幌です。北海道活性化探求塾で講演をしてきました。
北海道の観光やエコツーリズムに関わる方々とコミュニケーション出来ました。
山関係者とはまた違った反応で、とても勇気づけられたような気がします。
賛同してくれる仲間が増えました。
三角山の話もできて楽しい時間でした。

毎日更新を目指したブログ、日付が変わってしまった。3日坊主かね。
おかざき、いまだガラケー。

DSC01467


DSC01487DSC01480

DSC01501DSC01494


DSC01503

このページのトップヘ