大雪山・山守隊 スタッフブログ

2018年06月


 こんにちは、すがわらです

 昨日の報告になりますが、鹿追町の役場で行われた

 東大雪情報交換会に出席してきました 

 
RIMG5209

RIMG5212

 ご存知の方もいると思いますが、情報交換会とは

 大雪山の登山道関係者が集まって「今年は私たちはこんなことしますよ~」

 「ここはいつから使えますよ」とか、各担当の情報を持ち寄り共有するところです

 表大雪と東大雪の2か所で、毎年6月末と12月の年2回開催されています
 (7/2(月)は表大雪情報交換会があります)


 東大雪情報交換会ではこんな方たちが出席されてました

RIMG5213
 
RIMG5225

RIMG5221

RIMG5224


RIMG5220

RIMG5215

RIMG5216

 みなさん神妙な面持ちですが、雰囲気はもっと明るいんですよ~


 情報交換した後は、全員でワークショップ

 全体の司会はこの方

s-IMG_4077
(株)ライブ環境計画の北岡さん

s-IMG_4087
ワークショップの仕切り役は山口さん

RIMG5246
進行のサポートされてた工藤さん

 ワークショップもそうですが、情報交換会の資料(ものすごい分厚い)も作ってくれてます

 いつも本当にありがとうございます

 

 ワークショップの内容としては「情報交換会をどうしたらもっと良くなる」というものでした
 
 今回の内容を活かして、現場にまで良い影響が届くステキな会議になればいいですね
 


すがわら けいすけ
 

 

しもじょうです。道草館に続き、山守隊のパンフレットを置かせてもらいました!
東川に今年新しくできたアウトドアのお店、Transitです。

DSC019911

お店には、ライターのたくろうさんがいらっしゃいます。
DSC019911

おしゃれな小物、マニアックなザック、
バズーのランタンまで売っていて、
面白くてついつい長居してしまいます。

クマスプレーのレンタルもやっています。
登山者の、こうだったらいいな~というのを叶えてくれる、
たくろうさんの優しさ溢れるお店で、
話を聞いていてだんだん感動してきてしまいました。

DSC01994

Transitのfacebookはこちら↓↓
https://www.facebook.com/transithigashikawa

パンフレット、預かってくださってありがとうございます^^
山の帰りにまたお邪魔します~!

しもじょう

 どうも、すがわらです~

 
 最近道端に咲いている花が

 タンポポから、クローバー(シロツメクサ)に変わりましたね

 少しずつ夏に近づいていっているのでしょうか

s-IMG_3703


 
 先日、東川の「道草館」に山守隊のパンフレットを置かせていただきました~
 ありがとうございます!

s-IMG_3982

 道草館に入って、右側のパンフレットコーナーに置いてあります
 色んなパンフレットが置いてあるので、気を付けてみてください!
 

 また「ちょっとマップ」「やまレポ 大雪山マップ」ともに新しい情報が入ってます
 ので、こちらも要チェックです!




 P.S.
 今日の山守隊は朝から事務所の模様替えをしておりました

 代表だけ窓際族です
s-IMG_3993
(ガビーン!!)

 事務所からは以上です~

 すがわら けいすけ
 

しもじょうです。今日行ったのは、この時期まだまだ雪が多く残る裾合平。
このだだっぴろい雪原は、毎年のように道迷いが起きる場所。
そこに、目印となるポールを立てに行きました。
IMG_0552
ロープウェイで姿見駅へ

平日に行う作業として、一緒に行ける方いませんか、と声をかけたところ、
旭川や富良野、そして札幌から!3名の方々と、
環境省東川自然保護官、そして遭難対策を担当する北海道警察の方が
一緒に来てくれることになりました。
IMG_0553
出発前に今日の作業工程を全員で把握

ちなみにちょっと時は戻りますが、先日この日の為に買い出しへ。
IMG_3713
今回使ったものはこれです!農業用のポール。
10本で700円ほど。何年も使えるのでお安いと思います。
IMG_3714
黄色い布テープ
IMG_3725
ピンクのビニールテープ
IMG_3722
コメリですべて揃っちゃいます!
IMG_3745


話は戻って、いざ出発です。
IMG_3860
IMG_0558

裾合平に行くまでの間にも、まだまだ雪の残る場所が多々あり、
本当にわかりにくい…
視界が良くても、違う方に行ってしまいそうになります。
IMG_3865

おやっ、このキーホルダーはもしかして・・・
つけてくれてありがとうございます!嬉しい…。
IMG_3866

なんだかガスってきて、ポールとポールの間の距離感を感じるのに
丁度よくなってきました・・・
ガスった時こそ役立つはずの目印です。
役割分担して、作業を開始!
IMG_3890

メジャーとGPSを使います。
IMG_3893

GPSで夏道を辿りながら…
IMG_3903

20mのところでストップ!
IMG_3926
IMG_3911

ポールの先端に、ピンクテープを縛り付けて
IMG_3884

布テープに、番号をふります。
回収時に拾い忘れがないように、通し番号をつけるんです。
IMG_3879
IMG_3882

番号を書いた布テープで、
ポールに結び付けたピンクテープが取れないように貼り付けます。
IMG_3886

こんな感じ!
IMG_3907

できたら、20m間隔で、
ポールを雪面にさします。
ポールは雪との相性が良いようで抵抗が少ないんです。
RIMG9991

スススーっと入ります!
慣れると片手でもサクサク地面まで届きます。
竹や鉄ピンではこうはいきません。
IMG_3887

皆だんだん手馴れてきて、流れができてきました。
IMG_3923
IMG_3936
IMG_3901
IMG_3900
IMG_3927
IMG_3891

中岳温泉より少し手前で、ポール立ては終了!
最後は温泉で足湯につかってひとやすみ^^
今日は熱々のお湯で足が真っ赤になってましたね!
IMG_3949
IMG_3950

帰り道、ガスが晴れて、立てたポールが遠くまで見えました。
雪が融け、道が出ると同時に順次回収します。
RIMG0102
RIMG0109

約2kmの区間に、80本以上のポールを設置。
0001


とりあえずこの区間での、道迷いが無くなりますように…
また、これらのポールは1週間前後で点検し、倒れや道のズレなどの補修を行ないます。
ほとんどが雪面に1m以上刺さっているので1週間程度では倒れません。

IMG_3957
役割分担ばっちりで、とってもスムーズな作業でした。
一緒に作業をしてくれた皆さんありがとうございましたー!!!

IMG_3964
最後に、かっこよかった1枚を…
GPS付きの時計で位置を確認する北海道警察村上さん。この安心感、頼もしさよ…
来年も一緒にやりましょう。
しもじょう


P.S 鉄ピンと笹と農業用ポールの、雪面へのささり具合を比較してみました。





今日は山での作業でした!下條です。
総勢9名で、美瑛富士避難小屋に携帯トイレブースを設置してきました。
RIMG5044
山のトイレを考える会、美瑛山岳会、
環境省、朝日新聞社の記者さんと一緒に作業を行いました。

避難小屋までの道は、
雪解け水で水浸しだったり、
RIMG5087
雪もまだまだ残っていたり。
昨年よりも雪解けが遅いのか、
予想以上に雪のある場所が多かったです。
RIMG5110
雪渓の上は道がわからず、とっても迷いやすく、
美瑛山岳会の皆さんが立ててくれていたポールがとてもありがたかったです。
RIMG5106
まだ滑れそうだね、なんて言ったり。
RIMG5119

3時間半ほど歩いて避難小屋に到着!
ここに携帯トイレブースを設置します。
RIMG5123

テント立てたり、固定したり、チェックしたり・・・
みんなで手分けすると、早い~!
RIMG5133
RIMG5143
DSC01949
DSC01955
DSC01938
DSC01956

できた!どれどれ
携帯トイレモデル、(環境省東川自然保護官の)齋藤さんが座ってチェック。
急に皆がカメラを出し、こぞって撮影!
DSC01960
こちらは山のトイレを考える会の末岡さんと杉下さん。
RIMG5151
今まで私がお会いした山のトイレを考える会の方々は、楽しい方が多いです。
ユニフォームいいなあ~!
RIMG5152
小屋をお掃除する、美瑛山岳会の内藤さん。
RIMG5150
小屋のゴミ、こんなに集まりました!
DSC01940
朝日新聞の記者さんも来てくれていました。
DSC01942
記者さんにインタビューを受ける、
山のトイレを考える会の、仲俣さん
DSC01961

わたしもチェック、どれどれ…
IMG_3845
きゃっ、入っていた!
IMG_3843

(ということのないように、このような、空きか使用中かの表示がついているのでご安心を!)
RIMG9967

こんな感じになりました。
IMG_3858
中にはちょっと工夫が施してあります^^
RIMG9964

無事設置終了、皆さんありがとうございました!
賑やかで楽しい作業でした^^
IMG_3850
山に入る際は、携帯トイレを使用するようご協力をお願いします^^




おまけ♪
DSC01978
帰り道、美瑛の青い池にある道の駅にちょっと寄り道♪
スラックライン(綱渡り)で遊ぶ菅原くん(乗れている一瞬の隙に撮影)
しもじょう


このページのトップヘ