お久しぶりです、スタッフの菅原です

昨日は「大雪山国立公園フォーラム」に参加してきました

DSC_1972

初めて来たぜ、アークス大雪アリーナ


フォーラムのテーマは「新たな管理運営体制で世界に誇れる山岳国立公園を目指す」というものでした
 
登山者目線の内容というよりは、管理に携わる人向けのものでした
(一般の方が聞いてても面白かったと思います)

DSC_1974



よく知らない人もいると思うので
テーマに「新たな管理運営体制」とありますが

これから大雪山国立公園の管理体制が変わるんです 


今の管理体制は「大雪山連絡協議会」(通称:大連協)が管理計画を立てて

その下で情報交換会や各部会があり定期的に動いてるという感じでした。


今での体制何が悪かったの?というと大連協を構成するメンバーは、環境省・北海道・市町という行政だけで、

現場で動いている民間団体は入っていなかったんです。
つまり現場はどれだけ声あげても、管理計画や問題解決のために反映されずらかった。


新たな体制「協働型管理運営体制」は、大連協のメンバーに民間団体も取り入れ、一緒に管理計画や現場の問題解決していくというもの。

管理者・民間団体関係なく、皆同じ席について話し合いができることができます。めでたいのです!!!

すがわら君の説明じゃわからんぜよ、という方は大連協HPへ 


フォーラムの話に戻りますが
今回は「協働型管理運営体制」を先進的に行なっている
妙高戸隠連山国立公園と尾瀬国立公園の方がいらっしゃり、事例発表をされていました。

DSC_1976

様々な取り組みをされているみたいで、ライチョウの保全活動や木道の維持管理、
まちの景観を考える勉強会などをされているそうです
「これは大雪山のあそこの問題解決に使えそうだな」
「今後エコツーリズムに取り組むなら、ここがキーポインとか」
と聴きながらアイディアが出てくる。実践してみたい。
 

両国立公園とも大切にされている点は「ビジョン」がはっきりしていること。
特に、皆さん(利用される方・ボランティア・地域の方)を見てるという姿勢が見て取れます。


大雪山国立公園の「ビジョン」=どんな大雪山国立公園がいいか
これから考えていくわけですが、ここをきちんと考えられるかで今後が大きく変わると思います


山守隊は現場にいる民間団体です
だからこそ登山者や地域の人の声をたくさん聞ける立場にいます
たくさんの人たちの意見を取り入れ、それを管理運営に生かしていければと思います


まずは、ビジョン作りですね