9月26~28日
トムラウシカムイ天上の泥濘個所に木道を追加するため
山メンツで荷上げ、設置合宿をしてきました。

DSCN0698 - コピー

今シーズンは7月にもイベントとして木道設置を行ないましたが
カムイ天上からカムイサンケナイ川までの泥濘区間はまだまだ長く
環境省からの業務としての施工でした。
DSCN0703

昨年も80基ほど木道増設をしましたが
その時は二人ですべてをやりました。
今年は「何かあれば手伝うよ」と言ってくれる人が多く、
「ハードな作業をぜひ!」と言ってくれた人に声をかけて見ました。
RIMG8050

3日間の作業、一日4~7人の作業者。
IMG_5051

この兄ちゃんが凄かった。
一日2往復の荷上げ作業。
歩く距離は9㎞くらいになる。
50㎏オーバーの木材を平気で担ぐ。
IMG_4957

50㎏担いでほとんど山頂までの距離を
歩いたようなもんです。
IMG_4960

各自の体力に合わせて全力です。
モンベル率が高い日でした。
IMG_4964
RIMG8054 - コピー

紅葉もイイね。
IMG_4977

途中で休憩。
この人も40㎏を2往復。
ふつうはこうなります。
IMG_4981 - コピー

天候は良かった。
IMG_4983

そして荷上げだけじゃない。
現場についたら釘打ちが待っている。
IMG_5024

足腰を鍛えたら今度は腕を鍛えます。
右腕がパンパンになっています。
IMG_5034

合宿なので夜はみんなで晩飯です。
IMG_5038

オトコ飯。
(紅一点、下條さんが写真撮ってます)。
疲れ切っているので飲み会にはならず、早々に寝る。
次の日もあるんです。合宿ですから・・・。
奇跡的にいびきかく人がいなくて、とても静かな夜でした。
IMG_5042
二日目。
IMG_5052

人生経験豊かな兄ちゃんたちに囲まれて
菅原君も楽しそうです。
IMG_5062
IMG_5053
IMG_4988
IMG_5070

3日目は荷上げはせず、ひたすら木道設置。
新たに70基の木道が追加できました。
RIMG8247
本当はこんな木道は無いほうが良いと思っています。
ですがこれがないと登山者が歩くときに法面を削り土壌が流され
植物が生えない状態になってしまいます。
この区間は新道になってからまだ10年ちょっと。
ですが数十㎝近くあった土壌が無くなり、岩盤が出てきている場所もあります。
RIMG8249

見た目も歩きにくさもありますが、これ以上土壌を無くしたくはありません。

こんな小規模な木道ですが、成果は着実に出ています。
RIMG8160
木道がしっかりと設置されている場所では
法面に植物が育ってきています。
RIMG8157

登山者に削られることなければ、まだまだ復元の余地はあるんです。
RIMG8159

今年はイベントとして、業務として150基ほどの小規模木道の増設が出来ました。
手伝ってくれた人も数十人になります。
ようやく半分以上の区間が保護されたでしょうか。
まだまだ保護すべき区間はあり、すべて設置できた時には
最初に設置した木道が痛んでくると思います。

ですが、こうやって人が関わり、登山道を管理するという形が大事なんだと思います。
お金があればあるなりに、なくても手段を考えてやれば
いろいろな形で保護活動はできると思っています。

山で働く人たちも、山を楽しみに来ている人も
気軽にこういう活動に参加できるようなシステムを作っていきたいと思っています。
RIMG8055

登山口の資材置き場にいた人懐っこいオコジョ。
ここに住んでいたんだべか。
また来年。
RIMG8047 - コピー

おかざき